1.大規模盛土造成地の滑動崩落対策

阪神・淡路大震災や東日本大震災等において、谷や沢を埋めた造成宅地又は傾斜地盤上に腹付けした大規模な造成宅地において、盛土と地山との境界面や盛土内部を滑り面とする盛土の地滑り的変動(滑動崩落)が生じ、造成宅地における崖崩れ又は土砂の流出による被害が発生しました。

 

東日本大震災で滑動崩落の被害を受けた宅地の多くは1970年代以前に造成されており、宅地造成等規制法等の改正により技術基準が強化された2006年以降に造成された宅地においては被害が発生していないことを踏まえ、既存の造成宅地については、大規模盛土造成地の有無とそれらの安全性の確認(変動予測調査)、危険性が高い箇所については予防対策を進める必要があります。

 

2.⼤規模盛⼟造成地

 盛土造成地のうち以下のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地といいます。
 
(1)⾕埋め型盛⼟造成地
⾕や沢を埋めて造成した盛⼟⾯積が3,000平⽅メートル以上の造成地
 
(2)腹付け型盛⼟造成地
盛⼟をする前に地盤⾯が⽔平⾯に対し20度以上の⾓度で、盛⼟の⾼さが5メートル以上の造成地
 
   ※詳細については下記のリンクより国土交通省のホームページをご確認ください。
  
  
 

3.村における事業経緯

 

 令和元年度 第1次スクリーニング

  国において第1次スクリーニングを行い、村内において4箇所の大規模盛土造成地が抽出されました。

 

 令和2年度 第2次スクリーニングの計画作成

  第1次スクリーニングの結果を踏まえ、村において第2次スクリーニングの計画作成を行いました。


4.六ヶ所村大規模盛土造成地マップ(令和2年度更新)

令和2年度の調査結果に基づき大規模盛土造成地マップを更新いたしました。

なお、この⼤規模盛⼟造成地マップは、⼤規模盛⼟造成地のおおよその位置・規模・ 種類を⽰したものであり、マップに⽰されている位置が、必ずしも地震時に被害が発⽣するわけではありません

地震時における盛土全体の安定性は、今後地盤調査などを行い確認していきます。

 

村民の皆さまにおかれましては、大規模盛土造成地が身近に存在することを知っていただくとともに、宅地に関する情報の一つとしてご活用ください。

 

 

六ヶ所村大規模盛土造成地マップ(令和元年度時点) [6325KB pdfファイル] 

                ↓ 更新

六ヶ所村大規模盛土造成地マップ(令和2年度時点) [667KB pdfファイル]  

 

【主な変更点】

 ※1 尾駮地区の2ヵ所については、大規模盛土造成地に該当しないと判断したためマップから削除いたしました。

 ※2 千歳平地区の2ヵ所については、盛⼟の位置・規模を見直しました。

 

5.今後の取り組み

村内の大規模盛土造成地については、国のガイドラインを参考に、地震時の盛土全体の安定性について確認していく予定です。(令和3年度以降)

調査の結果、対策が必要な箇所があった場合は、具体的な方法について今後、検討を行って参ります。