高額療養費

 同じ月内の医療費の窓口負担額が限度額を超えた場合、申請して認められると超えた金額が高額療養費として

支給されます。 

※限度額につきましては、「限度額認定証」を参照ください。

申請方法
  1. 高額療養費の対象となる方には、村から「高額療養費の支給申請について(お知らせ)」と一緒に申請書が届きます。
  2. 申請書用紙と必要なものをお持ちになり、役場、又はお近くの出張所(泊・平沼・千歳平出張所)で申請します。

 

 申請に必要なもの

・対象者のマイナンバーカード(通知カード等個人番号がわかるもの)

・身分証明書

・対象月の領収書

・療養を受けた本人又は世帯主名義の通帳 

・対象者の印鑑
 

 入院時食事療養費

 標準負担額とは、病気やケガなどで入院した時の食事にかかる費用のうち、病院に支払う金額のことです。

1食あたりの標準負担額

70歳未満の方

 

 一般(下記以外の人)  1食460円

住民税非課税世帯

  (区分オ)

過去1年間の間の入院が90日以内  1食210円
過去1年間の間の入院が91日以上  1食160円

70歳以上の方

 一般(下記以外の人)  1食460円
 低所得Ⅱ    過去1年間の間の入院が90日以内  1食210円
過去1年間の間の入院が91日以上  1食160円
 低所得Ⅰ  1食100円

 

差額が発生した場合

非課税世帯、低所得Ⅱ・Ⅰの人が入院した時、医療機関の窓口に「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示しなかった場合、役場窓口で申請して認められると差額分を払い戻しいたします。

 

申請に必要なもの
 ・領収書及び明細書
 ・療養を受けた本人又は世帯主名義の通帳 
 ・対象者の印鑑
 ・国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証
 
 申請用紙

 国民健康保険食事療養標準負担額減額差額支給申請書 [124KB pdfファイル]