地域包括支援センターとは

地域の高齢者の皆さんの生活を支え、心身の健康維持及び住み慣れた地域で安心した生活を送ることを総合的に支援するために、平成18年4月に設置された機関です。

センターには保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャーが配置され、介護予防に関する支援等、地域で生活する高齢者の総合的な支援を行っています。

本村では六ヶ所村役場福祉課に設置しています。

六ヶ所村地域包括支援センターの役割

介護予防ケアマネジメント

要介護状態にならないよう、日常生活の自立に向けて共に介護予防ケアプランを作成し、自分らしい生活を送ることができるよう支援します。

権利擁護

高齢者の権利を守るために、成年後見制度に関する相談に応じ、制度の活用を促進します。また、消費者被害の防止や虐待の早期発見・防止に取り組みます。

総合相談支援

地域に住む高齢者の方の様々な相談に応じ、適切な機関と各種制度の活用につなげ、継続的な見守りをしながら生活を支援します。

包括的・継続的ケアマネジメント

主治医やケアマネジャー等の多職種と協働しながら総合的なケアマネジメントを実施・調整し、ケアマネジャーへの日常的個別指導及び相談に応じます。

 

 ☆地域包括支援センター職員配置状況について☆

地域包括支援センターでは、包括的支援事業及び介護予防支援に係る人員基準が定められており、必要な人員を配置することとされています。

六ヶ所村地域包括支援センター職員配置状況は以下のとおりとなりますので、お知らせします。六ヶ所村では、保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの必要な専門職3職種が配置され、介護予防支援を行うに当たって十分な体制が整っています!!

 

六ヶ所村総人口            10,459人(平成30年4月1日現在)

六ヶ所村高齢者人口(65歳以上人口)   2,669人(平成30年4月1日現在)

 

○保健師            1人

○社会福祉士          3人

○主任ケアマネージャー     1人

○事務員            1人