納税義務者について

 賦課期日(1月1日)現在の固定資産の所有者
(土地)   登記簿または土地課税台帳に所有者として登記または登録されている方
(家屋)   登記簿または家屋課税台帳に所有者として登記または登録されている方
(償却資産) 償却資産課税台帳に所有者として登録されている方

税額

固定資産課税台帳に登録された評価額をもとに課税標準額を算定し、それに税率1.4%を乗じて算出します。 

免税点

村内において、同一の人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、
固定資産税は課税されません。
(土地)      30万円
(家屋)      20万円
(償却資産)      150万円

申告・届出について

・償却資産を所有している方は、毎年1月1日現在の償却資産状況を申告しなければなりません。
 (申告期限1月31 日)
・固定資産の所有者が死亡し、相続登記が遅れるときはお知らせください。
・家屋を新(増改)築や取り壊しした場合はお知らせください。
・住所・納税通知書の送付先が変更になったときはお知らせください。

納税方法

納税通知書で納めてください。

固定資産の評価額について

 土地、家屋は3年ごとの基準年度に、償却資産は毎年基準に従って適正な時価に評価し、固定資産税の算定基礎とします。ただし、新増築や損壊のあった家屋、地目変更のあった土地などは、その都度評価します。