国際交流員カヨンとドミニクのブログです♪

Blog Entry 128 日本と韓国の運転免許取得の違い

アンニョンハセヨ!韓国の国際交流員イムジョンです。

8月の六ヶ所村は台風の影響か、大分涼しくなりました。韓国も全国に夕立が降ったりして、少しは涼しくなったそうです。

皆さんは夏をどう過ごしましたか?
私は7~8月にかけて六ヶ所村と交流のある韓国の襄陽郡(ヤンヤン郡)との交流事業のため、約1週間韓国で過ごしました。

私は、日本にいるということを一番実感するときが車が左側を走るときです。今回もそうでした。日本は韓国と違って左側通行ということを知っていますが、右折するときはやはりドキドキしてしまいます。頭では考えていても、無意識に対向車とぶつかりそうになります。

運転するとき反対なのは車線だけではありません。みなさんは自動車学校で先生から何を言われたか覚えていますか?私の場合、「ウィンカ-を付けてください」でした。日本の場合、ウィンカ-は右についてます。韓国では左についてるので、思わず左のワイパーをつけてしまいました。先生も私もビックリして、慌てて反対側のウィンカーをつけました。恥ずかしかったですが、その瞬間を思い出すと笑ってしまいます。

韓国は日本より運転免許を取るのが安くて時間が少なくすみます。費用は6~7万円ぐらいで、急げば一週間で免許を取ることも可能で、試験も簡単です。3次試験まであって、1次試験が筆記試験で80点以上で合格です(今年4月までは70点)。2次が場内(ジャンネ)走行といって、自動車学校を一周します。そして、最後に道路走行という試験で指定されたコースを走ります。筆記試験が3回もある日本に比べるとすごく簡単です。

日本では免許を取るまで何ヶ月もかかるし、合宿もするということを聞いて驚いてしまいます。韓国と比べると時間もお金も何倍もかかりますが、私は日本で運転を学ぶことが出来てよかったと思います。その分、タイヤの交換やボンネットの確認など、基本的なルールだけではなく、実用的で運転に必要なものを学ぶことができたからです。

 

Blog Entry 127 新しい韓国の国際交流員です!

ヨロブン、アンニョンハセヨ(韓国語で皆さん、こんにちは)!

私は韓国から来た、ジョ・イムジョンです。4月から六ヶ所村国際教育研修センターで働かせていただくことになりました。皆さんにお会い出来る日をずっと楽しみにしていました。六ヶ所村に来られて感謝の気持ちでいっぱいです。これから多くの方々と仲良くなりたいので、皆さんよろしくお願いします。

私の出身地は韓国の天安(チョンアン)というところです。ソウルから車で1時間ぐらいかかる天安は韓国の交通の中心地です。ソウルとの交通網がとても発達していて、ソウルの大学まで電車で通うこともできるし、簡単にソウルにあそびに行くことができます。また、天安はクルミのお饅頭が有名です。昔韓国では、列車旅行の時、ゆで卵とサイダー、そしてこのクルミのお饅頭を食べました。懐かしい70年代の韓国を感じることのできるお菓子ですので、皆さん機会がありましたら、ぜひ試してみてください。

大学卒業後、韓国の会社で働きながら、大阪や京都、北海道などを旅行しました。その度、各地域独特の特徴を発見できて楽しかったです。六ヶ所村ではどんな楽しさが見つけられるかワクワクしています。まだ六ヶ所村に来て日が浅いですが、六ヶ所村は自然に恵まれていて、とても心地良いところだと感じました。私が住んでいる家から尾駮沼が見えますが、毎朝、気持ち良く目が覚めます。

私は美味しい食べ物と旅行が好きです。ですので、Coffee Breakを通して韓国の色んな地域の情報や料理などを伝えたいと思います。また、他の国とは違う韓国ならではの面白い姿を紹介したいです。そして、六ヶ所村で楽しかった経験や新しい挑戦なども書きますので、楽しみにしてください!

韓国に興味がある方、韓国の旅行の予定の方、ただおしゃべりがしたい方、いつでも気軽に声をかけてください。これから様々な交流をしながら、六ヶ所村の皆さんと絆を深めていきたいと思います。これからどうぞよろしくお願いします。

 

Blog Entry 126 ドイツ政府:与党を結成する問題 第二部

グーテン・ターク。ドミニクです。

前回、与党結成問題について書きました。今回、どのようにこの問題が解決されたかを説明していきます。

 4ヶ月間、ドイツではどうやって政権能力のある与党を作ればいいかが国内で議論されました。メルケル首相はCDU(キリスト教民主同盟)による単独政権か、もう一度総選挙を行うか、もしくはCDU/ CSU党(キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟)とSPD党(社会民主党)を連立するかの三つの案で迷い、政治空白の状態でした。  

 2018年1月20日と21日に行われたSPD党大会で、「2013年から2017年までの政権と同じように、SPD党はCDU/CSU党と連立を結成したらどうか」という意見がでました。SPDの若手議員達はCDU/CSU党 との連立に反対でしたが、党首マルティン・シュルツ氏と議員団長アンドレア・ナーレス氏が連立に賛成を表明し、3月4日党員投票が行われ、6割が賛成し、最終的に、第4次連立政権が発足されることになりました。

 ちなみに、10月に行われた総選挙での各党の獲得議席数は以下のようになります。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/german-election-2017/german-election/より

 

 CDU/CSU党とSPD党の連立は、2013~17年の状態と変わりません。もとの状態に戻っただけです。 今まで議論してきた時間は無駄でした。さらに、右翼派政党の“ドイツのための選択肢”という党が野党第一党になり、議会に大きな影響を与えることとなります。 ドイツの若者たちはこの連立に、疑問を抱いています。

 

Best wishes
        Dominique

2018年4月20日

Blog Entry 125 夏は、韓国で、合宿だ!!

 皆さん、アニョハセヨ!!国際教育研修センターの赤石です。
バナーをクリックいただき、ありがとうございます!!!

 いつもは、国際交流員の2人が書いてくれているこのブログですが、
125回目はセンター職員の私が、このコーナーをお借りして、
告知に使わせてもらいます。では、早速いってみましょう!

 表題にも書きました。高校生のみなさん、韓国で合宿の時間です。

 海外に行ってみたい!外国人の友達が欲しい!日本を紹介してみたい!
そんな海外への興味を、想いを、叶えるチャンス!!!
広報ろっかしょを見て「ピンっ!」ときた、
画面の前の特別なきみに、とてもGOODな提案です!!!

詳しくは下のPDFファイルをダウンロードするか、
国際教育研修センターへ今すぐお電話を。

★【 0175-73-8575 】★

 ↓↓↓ ダウンロードはコチラから ↓↓↓

高校生異文化交流詳細.pdf [341KB pdfファイル] 

Blog Entry 124 ドイツ政府:与党を結成する問題 第一部

 

    皆さん、フローエス・ノイエス・ヤー!(あけましておめでとうございます!) 
ドミニクです。今年もよろしくお願いします。
去年の10月、このコーナーでドイツの総選挙の投票結果を紹介しました。今回のテーマはその投票後に起こった問題についてです。皆さんびっくりするかもしれませんが、ドイツは今、国会に与党がありません。この問題を今から説明しようと思います。

ジャマイカの国旗

 

 

 第19期総選挙の後、キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)、緑の党(Die Gruenen)、そして自由民主党(FDP)は連立与党を結成しようとしています。その三つの政党の色が黒、緑、黄色で、ジャマイカの国旗の色と同じだったため、ニュースでは「ジャマイカ連立」という言葉が流行しました。

3つの政党は連立協定の内容を決めるため、2017年10月24日に協議を始めました。それぞれの政党の政治的な立場と主張はかなり異なっていて、初日から難しい協議だと報道されていました。主な理由として保守的なCSU党は「1年以内に、ドイツに来る難民の数を法律的に制限するべきだ!」と主張したのに対して、緑の党は「移住権が基本的権利だ!」と主張し、譲りませんでした。

連立協議は11月19日まで続き、ついに19日の夜には自由民主党(FDP)党首クリスティアン・リントナーが「FDPは連立協議から脱退します!」と発表しました。それぞれの政党間で、目的が異なりすぎて、信頼関係を築くことができなかったからです。FDP党の突然の脱退はCDU/CSUや緑の党だけではなく他の政党からもとても批判されました。

これによって、現在もなお、ドイツの国会には与党が存在しないまま、危機的な状態が続いています。

 
    Best wishes
        Dominique

2018年2月23日

 

Blog Entry 123 胃もたれには、○○が効く!?

アンニョンハセヨ!カヨンです。

 

皆さんは胃もたれした時にどうしていますか?

薬を飲む方や、病院に行く方もいれば、ただただ我慢する方もいるでしょう。

韓国にも色々な方法がありますが、その中の3つを紹介したいと思います。

 

1. お母さんに「の」の字にお腹をさすってもらいながら、「ママの手は薬の手、○○ちゃんのお腹はウンコ腹」という歌を歌ってもらう。

一番簡単な方法で、主に子供にやってあげます。

お母さんの愛情がこもっている暖かい手でさすられると、不思議にお腹の調子が良くなったりします。

 

2. 梅茶を飲む。

梅のエキスを水で割って飲みます。

梅には強い殺菌・解毒作用があるので、食中毒を予防し、胃もたれや便秘、下痢にも効果があるそうです。

 

 

上の二つの方法が効かなかった場合は、最終手段が残っています。

 

 

3. 針で指を刺して、血を取る!

初めての方にはハードルが高い方法ですが、一番早く効く民間療法です。

まずは糸で親指の関節の周りをぐるぐる巻いて血を止めます。

 指が赤くなったら、親指の爪の下の部分を針で優しく刺して血を出します。

そうすると赤い血ではなく、黒い血がピッと出てくるのです。

胃もたれによって血行が悪くなって黒い血が溜まっていたのが、その血を外に出すことによって不思議と胃もたれが治ります。

子供の頃は、針が怖くて胃もたれをしても黙って何も言わなかったのですが、いつの間にか親に気付かれて指を刺されて、結局は治ってはしゃいだりしたものです。

昔からの方法ですが、衛生上あまりよくないので、専用の針が誕生しました。

  

ペンのような機械に使い捨ての専用の針を入れてボタンを押すと、指を刺してくれます。

大人になった今でも、できれば使いたくない怖い方法なのですが、効果は抜群な韓国の民間療法です。

(※専用の機械を持ってない方は、真似しないでください!)

 

日本にはどのような民間療法がありますか?いい方法を知っている方は是非、教えください^^

From Rokkasho with love,
kayoung♡
2018年2月15日

 

 

 

Blog Entry 122 青森の冬は美しい!

セへ・ポン・マニ・パドゥセヨ!(韓国語で、明けましておめでとう)

 

みなさん、新年はいかがお過ごしでしたか?

私は親友が韓国から青森に遊びに来てくれたので、青荷温泉や八甲田山など青森県を観光して、大晦日には家で紅白やカウントダウンコンサートを見ながら新年を迎えました。

今年の元旦前後はとても天気が良くて、ものすごく綺麗な青森を紹介することができました。

友達は青森の景色に感心したようで、ずっと「こんなにも綺麗なところだとは知らなかったよ!また遊びに来たい!」と言いながら写真を撮っていました。

私もここ3年間で一番天気に恵まれて、「綺麗!すごい!」を連発しながら幸せな旅行をすることができました。

  

 

最後に、私の大好きな韓国のアーティスト(HYUKOH・ヒョゴ)が青森の八甲田山を舞台に撮ったPVをみなさんに紹介します。青森は外国人の目にはこんなにも素敵なところに映るんですよ^^

https://youtu.be/Ve-hW0eCnKQ (HYUKOH - gondry)

 

 

 

From Rokkasho with love,
kayoung♡
2018年2月5日

 

 

Blog Entry 121 ドイツの裸の文化

 皆さん、グーテン・ターク!ドミニクです。
いよいよ本格的な冬がやってきました。道路が滑りやすいので気をつけてくださいね。

 寒くなってきたので、先週、私は初めて「ろっかぽっか」に行きました。
きれいなお湯で体をちゃんと洗い、精魂を落ち着けるには温泉が一番いいと思います。私は温泉が好きだというと、日本人は驚きます。なぜ驚くのか聞いてみると、「外国人といえば他人に裸を見せたくないと思っていたから」と答えるのですが、どうしてそのように思うか分かりません。アメリカでは、裸を見せることに抵抗があるかもしれないですが、ドイツ、ロシア、フィンランドなどヨーロッパの場合、裸でビーチやサウナに行くことは全く問題ないです。

 特に東ドイツにはヌーディズム文化が依然としてあります。ドイツでは「FKK-Freikorperkultur(フライケルパークルトゥアー);日本語:裸の文化」と呼ばれる自然主義の考え方があるため、
バルト海周辺にはFKK-ヌーディスト・ビーチやキャンピング広場が多くあります。その上、ビーチやサウナは男女混合です。

 なので、ドイツ人は日本のお風呂・温泉文化には特に問題ないと思います。
私はFKK-ビーチへ行ったことありませんが、裸でサウナや温泉に入ることには全く抵抗ありません。

        Best wishes
        Dominique

2017年12月6日

 

 

 

 

 

 

 

 

過去記事

Coffee Break Blog Entry 1~10.pdf [795KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 11~20.pdf [1155KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 21~30.pdf [539KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 31~40.pdf [616KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 41~50.pdf [872KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 51~60.pdf [492KB pdfファイル]  

Coffee Break Blog Entry 61~70.pdf [816KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 71~80.pdf [559KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 81~90.pdf [456KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 91~100.pdf [436KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 101~110.pdf [852KB pdfファイル] 

Coffee Break Blog Entry 111~120.pdf [653KB pdfファイル]