概要

私たちが快適な暮らしをしていく上で、電気はなくてはならないものとなっています。電気は現在、石油・天然ガス・石炭などの化石燃料による発電が主なものです。
しかし、化石燃料のほとんどは海外からの輸入に頼っているのが現状です。
その化石燃料には限りがあり、また、大量に二酸化炭素を排出するなどの環境面への問題もあります。
枯渇の問題と地球環境をあわせて、「将来的に安定したエネルギー」、「地球環境に優しいエネルギー」への転換が急がれています。
このため、効率の良さと二酸化炭素を排出しない原子力による発電は代替エネルギーとして早くから研究開発されています。
この原子力発電は、ウランを燃料として発電します。
このウラン資源にも限りがありますが、石油、石炭などは燃えると二酸化炭素や灰になるのと違い、原子炉で燃やした使用済み燃料の中には、燃え残ったウランや新たに生じたプルトニウムがあり、これらを再び燃料として繰り返し利用することができます。 これが「原子燃料サイクル」です。
この完成が、エネルギー資源の少ないわが国が未来へ向け、発展するためのパスポートとなります。

 

 

 

  再処理工場 高レベル放射性 廃棄物
貯蔵管理センター
MOX燃料工場
建設地点 青森県上北郡六ヶ所村弥栄平地区
施設の規模 最大処理能力 800トン・ウラン/年
使用済燃料貯蔵容量 3,000トン・ウラン
返還廃棄物貯蔵容量2,880本

国内軽水炉(BWR・PWR)用

MOX燃料集合体

130t-HM/年 ※1

工期 工事開始 1993年
しゅん工 2018年(予定)
工事開始 1992年
操業開始 1995年

工事開始 2010年

しゅん工 2019年(予定)

建設費 約2兆1,930億円 約1,250億円 約2,100億円

 

  ウラン濃縮工場 低レベル放射性廃棄物
埋設センター
建設地点
青森県上北郡六ヶ所村大石平地区
施設の規模 1,050トンSWU/年
最終的には1,500トンSWU/年の規模
約8万立方メートル
(200Lドラム缶約40万本相当)
最終的には約60万立方メートル
(200Lドラム缶約300万本相当)
工期 工事開始 1988年
操業開始 1992年
工事開始 1990年
埋設開始 1992年
建設費 約2,500億円 約1,600億円 ※2

※1 t-HMとは、MOX中のプルトニウムとウランの金属成分の質量を表す単位のことで「トン・ヘビーメタル」と呼ぶ

※2 低レベル放射性廃棄物約20万立方メートル(約200Lドラム缶約100万本相当)分の建設費

 

 

六ヶ所村と原子燃料サイクル

関連リンク