六ヶ所村は年間を通して風の強い地域であり、風力発電を行える環境にあります。
この環境を活かし、2003年に村内においてはじめての風力発電施設が稼働し、現在では92基、設備容量145,350kWが稼働しています。 
また、世界初の大容量蓄電池併設風力発電施設が立地しており、風速変化の影響を受けることなく、一定の電力を送電することができます。

 風力発電は、地球温暖化の原因となる排気ガスや二酸化炭素などを排出しない、クリーンなエネルギーとして導入が進められています。

 

     

  


  むつ小川原ウィンドファーム
                                             
  事業者:エコ・パワー(株)
  運転開始時期:2003年1月
  設備容量:31,500kW
  規模:1,500kW×21基
                                            

 
 六ヶ所村風力発電所、六ヶ所村第二風力発電所
 
  事業者:日本風力開発(株)
  運転開始時期:2003年12月、2004年11月
  設備容量:32,850kW
  規模:1,500kW×20基、1,420kW×2基
     

 
  二又風力発電所
 
  事業者:二又風力開発(株)
  運転開始時期:2008年5月
  設備容量:51,000kW
  規模:1,500kW×34基
   

 
  睦栄風力発電所
 
  事業者:青森風力開発(株)
  運転開始時期:2014年11月
  設備容量:10,000kW
  規模:2,000×5基
     

 
  吹越台地風力発電所
 
  運転開始時期:2015年4月
  設備容量:20,000kW
  規模:2,000×10基
     ※大容量蓄電池併設風力発電施設