定期予防接種(65歳以上:インフルエンザ)

予防接種法に基づき、インフルエンザのまん延防止と重症化予防を目的に高齢者へのインフルエンザ予防接種を実施しています。

実施期間が限られていますので、接種を希望される方は、早めに接種しましょう。

※この予防接種は、努力義務は課せられていません。自らの意志で接種を希望される方が、接種することになっています。本人の意思を確認できない場合は接種できません。

【ページ内リンク】

 ▷#対象者 ▷#個別案内について ▷#接種回数及び接種料金 ▷#接種及び助成の流れ ▷#六ヶ所村予防接種費助成申請書兼請求書 #その他

対象者

接種当日、村に住所を有し、以下のいずれかに該当する方

※年齢は、接種日を基準とします。

 ▷満65歳以上の方

 ▷満60歳~64歳で心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害のある方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害のある方(該当する方には、予診票を送付いたしますのでご連絡ください)

個別案内について

対象者には、個別に案内を送付しています。

 ▷令和5年10月15日から令和6年3月31日までに65歳になる方で、誕生日後に接種を希望される場合は、予診票を送付いたしますのでご連絡ください。

  ※誕生日前に接種される場合は任意インフルエンザ予防接種費用助成事業の対象になりますのでご留意ください。

 ▷転入等により、案内がお手元に届いていない方はご連絡ください。

接種回数及び接種料金

接種回数:1回

接種料金:無料

接種及び助成の流れ

委託医療機関で接種する場合

個別に送付されている「令和5年度定期インフルエンザ予防接種予診票」を記入のうえ、以下のいずれかの委託医療機関に持参し、接種します。

無料で接種でき、申請は必要ありません。

委託医療機関

村内

 ▷千歳平診療所、地域家庭医療センター、泊診療所

村外

 ▷公立野辺地病院、戸館内科整形外科医院、ちびき病院、菜の花クリニック など

※必ず事前にお問い合わせください。

※接種期間は、医療機関によって異なります。詳しくは、個別案内をご覧になるか、保健相談センターにお問い合わせください。

委託医療機関以外で接種する場合(施設入居者及び長期入院の方など)

①保健相談センターに電話をします。

 電話:0175-72-2794

②接種後、医療機関に接種料金を全額支払います。

③保健相談センターにて、接種料金の助成の申請をします。

申請に必要なもの

 ▷六ヶ所村予防接種費助成申請書兼請求書

  六ヶ所村予防接種費助成申請書兼請求書.docx [ 15 KB docxファイル]

 ▷予診票またはその写し 

 ▷接種した医療機関が発行した接種料金に係る領収証

 ▷接種済みを証する書面(接種済証など) 

 ▷振込先口座が確認できる預金通帳等

 ▷印鑑

申請期限

 令和6年3月29日(金)

その他

新型コロナワクチンとの同時接種は可能ですが、それ以外の予防接種については、医療機関とご相談ください。