東京オリンピックに便乗した詐欺的な電話に注意!

<事例>

 オリンピック関連の団体を名乗る男性から「東京オリンピックの入場券を300万円申込みしましたね」と電話があった。「頼んでいない」と答えると「同様の被害にあった人が他にもいる。調査するつもりだがどうするか」と聞かれ、「お願いします」と個人情報を伝えてしまった。その後も「銀行の犯罪グループのリストに名前が載っている」「警察には相談しないように」などと何度も電話があり、弁護士という人物から「口座を差し押さえられてしまうので手を打たないと大変だ。銀行名を教えなさい」と言われ、銀行名を教えてしまった。(70歳代 女性)

<消費者へのアドバイス>

・2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に関連し、オリンピック関連の団体名をかたる事業者からの詐欺的な電話に関する相談が寄せられています。今後も同様の勧誘が増える可能性があり、十分注意が必要です。

・話を聞いてしまうと、個人情報を聞きだされたり、金銭を要求されたりする場合もあります。不審な電話はすぐに切り、絶対に応じないようにしましょう。

 

 少しでもおかしいと思ったら、消費者ホットライン「188番」をご利用ください。