⼤規模盛⼟造成地について

 平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震、平成23年(2011年)の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動(かつどう)崩落(ほうらく)による被害が発生しました。

 国では、地震時の宅地の安全性を確保するため、第1次調査として大規模盛土造成地の抽出調査を行いました(令和元年度)。

 その結果をマップとして作成し、提供を受けましたので村民の皆様にお知らせします。


 なお、このマップは旧地形図と現況地形図を重ね合わせて大規模盛土造成地の概ねの位置や規模を示したものであり、マップに示された箇所が地震発生時に必ずしも危険というわけではありません。 

 

 村民の皆様には、お住まいの場所について関心を持っていただき、防災意識を高めて災害の未然防止や被害の軽減につなげて日頃の防災にお役立てください。 

⼤規模盛⼟造成地とは

(1)⾕埋め型盛⼟造成地
⾕や沢を埋めて造成した盛⼟⾯積が3,000平⽅メートル以上の造成地
 
(2)腹付け型盛⼟造成地
盛⼟をする前に地盤⾯が⽔平⾯に対し20度以上の⾓度で、盛⼟の⾼さが5メートル以上の造成地
 
  

六ヶ所村⼤規模盛⼟造成地マップ

 六ヶ所村大規模盛土造成地マップ.pdf [6325KB pdfファイル] 

 

(外部リンク)