新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、

「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。

今後は一人ひとりが感染防止の3つの基本である、

 身体的距離の確保

 マスクの着用

 ③手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける

等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、

十分な感染予防を行いながら、熱中症を予防する必要があります。

『新しい生活様式』における熱中症予防行動のポイントをまとめましたのでぜひ参考にしてください。

 1)マスクの着用について

 ●気温・湿度が高いとき

  気温や湿度が高い時にマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。

  このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、

  熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

 ●強い負荷の作業や運動をするとき

  マスク着用時は強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給します。

  また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で適宜マスクをはずし、休憩することも必要です。

 2)エアコンについて

  熱中症予防のためのエアコン活用は有効的です。

  ただし、一般的な家庭用のエアコンには、空気の循環機能があっても、

  換気機能がついている場合は少ないです。

  新型コロナウイルス感染症を予防するためには、

  冷房時でも換気扇や窓の開放により換気を確保する必要があります。

  この場合、室内の温度が高くなりますので、エアコンの温度を下げるなどの調整をしましょう。

 3)日頃の健康管理について

 ●体温測定・健康チェック

  日頃の体温測定や健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、

  熱中症を予防する上でも効果的です。

  平熱を知ることで、自分の体調の変化に早く気付くことができます。

 ●外出するとき

  外出時は事前に天気予報を参考に、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動します。

  なるべく涼しい服装を心がけ、日傘帽子を活用しましょう。

  外出前に体調が悪いと感じた時は、自分の身体と相談し、無理せず自宅で静養するようにします。

  また、外出中少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分補給しましょう。

 

▼「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html