鶏肉等に含まれるカンピロバクターによる食中毒を加熱によって防止しましょう

カンピロバクターとは、ニワトリやウシ等の家畜・家禽類に生息する食中毒の原因となり得る細菌です。
食中毒の中では有名で、主に加熱が不十分(生・半生)の鶏肉を食べることが原因で発症しますが、カンピロバクターに汚染された飲料水を飲んだり、生肉を扱った後や動物に触れた後の汚染された手指を十分に洗わず調理器具を使用したり、その手で食べ物を食べたりすることも食中毒につながります。
カンピロバクター食中毒に感染すると、原因の食べ物を食べてから約1~7日で下痢や腹痛、発熱などの症状がでますが、カンピロバクターは乾燥や加熱に弱いため、75℃以上・1分以上の加熱によりその菌を死滅させることができます。
家庭での食中毒を防止するためには十分な「加熱」で中心部までしっかり焼くこと、二次汚染を防ぐために「手洗い・消毒徹底し、おいしく安全な食事をしましょう。

カンピロバクター食中毒予防リーフレット.pdf [198KB pdfファイル]