修学及び実習等に係る予防接種等費用助成事業のお知らせ

医療・福祉・教育に係る大学及び専修学校の学生や海外留学予定者などの、経済的負担の軽減を図ることを目的に「修学及び実習等に係る予防接種等費用助成事業」を行っています。対象となる方は、ぜひご活用ください。

対象者

次に掲げる修学等において指定される予防接種等の実施日(複数回予防接種等を実施している場合は、最初に実施した日)に村に住所を有してから1年以上が経過している方、又は、修学等の目的で転出した場合は、その方の保護者が村に住所を有している方。

  •  学校教育法に規定する学校、専修学校及び各種学校(海外留学及び語学研修を含む)
    (例:大学医学部、保育士養成専門学校など)
  • 職業能力開発促進法に規定する施設(例:職業能力開発校など)
  • 保健師助産師看護師法に規定する養成所(例:看護大学、看護師養成所など)
  • 雇用保険法に規定する教育訓練(例:ハローワークの教育訓練で保育士講座受講など)

助成額

修学や実習又は研修のために指定される抗体検査と予防接種(ただし、インフルエンザ予防接種など他の助成制度の対象となる予防接種等は対象外)の合計金額の2分の1の額で、上限は50,000円です。

申請方法

予防接種等を受けた最終日から6か月以内に、保健相談センターでお手続きください。

申請に必要なもの

  • 修学及び実習等に係る予防接種等費用助成金交付申請書兼請求書 申請書様式.rtf [120KB rtfファイル] 
  • 修学等の在学、所属又はその予定等を証明する書類(在学証明書や合格証書、職業訓練の参加確定書など)
  • 予防接種等の指定が明記された書類(抗体検査や予防接種の規定が明記された書類)
  • 領収書(抗体検査や予防接種の詳細が明記されたもの)
  • 振込み先口座が確認できる預金通帳等
  • 印鑑
  • 委任状(ダウンロードしてご使用ください。委任状様式.rtf [61KB rtfファイル] )

  (接種を受けた本人以外が申請する場合は、委任状が必要となりますのでご用意ください)

  印は窓口でコピーをいただきます。