冬期間において、降雪、低温及び強い季節風などの冬期特有の気象条件の影響により、積雪・凍結・寒冷による転倒災害、屋根除雪中の墜落災害などが多く発生しています。青森労働局では、冬期労働災害の8割を占めている転倒災害、死亡を含む重篤な災害につながりやすい墜落災害及び交通労働災害の防止を重点目標に、平成30年11月1日から平成31年3月31日まで、「冬期労働災害防止運動」を実施します。詳細は、下記のファイルをご確認ください。

平成30年度冬期労働災害防止運動実施要綱 [141KB pdfファイル] 

冬期労働災害防止運動(チラシ) [635KB pdfファイル] 

冬期労働災害統計 [220KB pdfファイル]