新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えて

 この冬は、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行が懸念されています。新型コロナワクチンの接種間隔が最終接種日から3カ月以上に短縮されましたので、流行する前に年内のワクチン接種をご検討ください。また、同時流行すると、発熱外来がひっ迫する恐れがあります。各ご家庭でも、新型コロナ定性検査キットや解熱鎮痛薬などを備えておきましょう。体調不良時は、重症化リスクの高い方と低い方で対応が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

 ※新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは接種間隔に規定はありませんが、医療機関によって、接種間隔が設けられている場合がありますのでご確認の上接種してください。

 ▷厚生労働省 新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00003.html