先天性風しん症候群を予防することを目的に、風しん等の予防接種の費用を助成しています。

妊娠初期の女性が風しんにかかると生まれてくる赤ちゃんが心疾患、白内障、難聴などの障害になる可能性があり

ます。予防するためには、事前に予防接種を受けておくことが必要です。

 

対象者

※原則、接種当日に六ヶ所村に住所を有し、①~③のいずれかにあてはまる方

 ①10代後半から40代の女性で、妊娠を予定または希望しており、風しんにかかったことがない方、もしくは

  風しんの予防接種を受けたことがない方

  ※現在、妊娠はしておらず、接種後2ヶ月間は妊娠を避けられる方

 ②妊婦や妊娠可能な女性の夫(パートナー)で、風しんにかかったことがない方、もしくは風しんの予防接種を

  受けたことがない方

 ③妊婦や妊娠可能な女性の同居家族で、特に接種が必要と認められる方

 

□お子さんがいる方は、母子健康手帳の確認が必要となるため、ご持参ください。

対象者については、「風しん等任意予防接種予診票交付申請書」を提出し審査が必要となりますので、接種前に

 保健相談センターにお越しください。

 風しん等任意予防接種予診票交付申請書 [15KB docxファイル]  

 

助成回数・助成額

接種1回につき全額助成

 

接種及び助成の流れ

1.指定医療機関で接種(無料で接種できるため、手続きは必要ありません)

【指定医療機関】

 (村内)千歳平診療所、地域家庭医療センター、泊診療所

 ※事前に医療機関にお問い合わせください。

【接種までの流れ】

 ①保健相談センター窓口で「風しん等任意予防接種予診票交付申請書」を提出 

    ↓

 ②「六ヶ所村風しん等任意予防接種予診票」「説明書」の交付を受ける

    ↓

 ③「指定医療機関一覧」をご覧の上、「六ヶ所村風しん等任意予防接種予診票」を持参し接種

  ※接種前に「説明書」をよく読んでください

  ※接種時、「六ヶ所村風しん等任意予防接種予診票」がない場合は、無料で接種ができませんので

   ご注意ください

    ↓

 ④終了(申請手続きはありません)

 

2.指定医療機関以外で接種(償還払いの申請が必要になります)

 ※償還払いとは、医療機関に接種料金を支払います。後日、申請手続きを行い、接種料金の助成を

  受けるものです。

【接種及び助成までの流れ】

 ①保健相談センター窓口で「風しん等任意予防接種予診票交付申請書」を提出

    ↓

 ②「六ヶ所村風しん等任意予防接種償還払請求書」「説明書」の交付を受ける

    ↓

 ③ご希望の医療機関で接種(医療機関の予診票を使用してください)

    ↓

 ④申請手続きを行ってください

【償還払いの申請方法】

 ※保健相談センター窓口で申請手続きが必要となります。

 ○申請期間:令和2年4月1日~令和3年3月31日まで 

【申請に必要なもの】 

 ◇六ヶ所村風しん等任意予防接種償還払請求書 風しん等任意予防接種償還払請求書 [15KB docxファイル]    

 ◇接種した医療機関が発行した接種費用に係る領収書

 ◇振込先口座の確認ができる通帳

 ◇印鑑